脱毛をする事前処理の注意点とおすすめ

脱毛クリニックで、レーザー脱毛を受ける際には自己処理を自分でしておかなくてはいけないんですね。
しかし、その手段はシェービングだけになってしまいますのであまり適当にやってしまうと、レーザー脱毛を受ける事が出来なくなってしまいますので注意が必要です。

シェービングの際の注意点

腕や足、関節、そしてワキやVIOと言った部位は肌がデリケートな部分なので雑にシェービングをしてしまうと、カミソリの刃で肌を傷つけてしまう事があるんですね。
肌を傷つけてしまうと、レーザー脱毛をする事ができなくなってしまうんです。
だから、肌を傷つけたり肌荒れになってしまわないように優しく丁寧にシェービングをするように意識する事が必要です。
特に、シェービングクリームやジェルなどでしっかりと肌のケアをしてから剃るようにした方が安全性もあがりますね。

VIOのシェービングのすすめ

VIOラインは、特に肌もデリケートな上に皺があったりして剃る際にどうしても肌を傷つけてしまいやすいんですね。
だから、カミソリなどを利用するのが難しいのでVIOの事前自己処理をする際には、ヒートカッターを使うのがおすすめですね。
ヒートカッターというのは、刃ではなく電熱を使って毛先を焼き切って処理するものなんですね。
なので、肌を傷つけたりすることがないので安全性も高くおすすめです。

事前処理はいつするのか

基本的に、クリニックでの脱毛前の自己処理は前日の夜に行うことが理想的ですね。
それよりも早く行ってしまうと、また毛が伸びてきてしまいますし、当日だと肌が毛を剃った後など落ち着いていない事が多いんです。
なので、前日の夜にある程度時間をかけて処理するのが良いです。